○戯論遊戯○

無知蒙昧な人間が記す、ブログ。日々勉強。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
English Here
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■越境する作家 近藤聡乃『電車かもしれない』&『てんとう虫のおとむらい』


YouTube - たま~電車かもしれない


YouTube - Ladybirds' Requiem digest version


 私が近藤聡乃のアニメーション『電車かもしれない』を初めて観たのは、5、6年ぐらい前のことだったろうか。巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」の「トラウマになったアニメ、漫画、写真」スレッドで紹介されていたのが、きっかけだったと思う。1回観て、もうそのアニメーションの魅力の虜になってしまった。たまの楽曲「電車かもしれない」と近藤が描く少女たちの映像は、相乗効果で一種の音楽映像ドラッグとなっており、私はまんまとその中毒者になりおおせた。そのおかげで、私はその当時から現在に至るまで、(バンド自体は解散してしまっているけれど)たまと近藤聡乃のファンである。

 近藤聡乃は、アニメーション作家であると同時にマンガ家でもある。彼女は、大学在籍中にアックス新人賞の奨励賞を受賞しており(『電車かもしれない』を制作したのも大学在籍中!)、今まで彼女が描いたマンガは書籍のかたちとしては2冊出版されている(『はこにわ虫』『いつものはなし』)。アニメーションとは一味違った彼女の世界が垣間みれ、彼女が持つ才能の多彩さには驚かされる。
 
 個人でアニメーションを作りながらも、マンガを描く作家であるだけでも珍しいのに、彼女のホームグラウンドは現代美術家で、絵画もやるのだ。マンガやアニメーションのような否応なく単純な線で描かざるを得ない制限がない分、彼女の持つ凄みが遺憾なく発揮されている。是非とも、アニメーション作家としての近藤聡乃、マンガ家としての近藤聡乃と同様に美術家としての近藤聡乃も体験してもらいたい。彼女個人のホームページ「KONDOH AKINO-box office」で彼女の絵は観ることができる。
 
 上のYoutubeの動画「Ladybirds' Requiem digest version」は、2006年の個展 近藤聡乃「てんとう虫のおとむらい」で初公開された新作アニメーション『てんとう虫のおとむらい』のダイジェスト版である。たまの元メンバーの知久寿焼が音楽を担当しており、『電車かもしれない』に続き、異能の才能の貴重なコラボとなっている。これまでこのアニメーションを観られる場所が限られていただけに、短縮版ではあるけれど作者自身によるYoutubeへの動画のupは、この素敵なアニメーションをより多くの人に知ってもらうにはいい機会となるだろう。

    

スポンサーサイト

テーマ:アニメ動画 - ジャンル:アニメ・コミック

English Here
  1. 2010/04/24(土) 01:23:15|
  2. anime
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■エロとグロとギャグのシュールレアリスム 水島努監督『撲殺天使ドクロちゃん』


撲殺天使ドクロちゃん 1〈初回限定版〉 [DVD]

 私はアニメが好きだ。だけど、萌え系のアニメはどちらかというと避けていて、好んで観る方ではなかった。そのような趣向の私に友人が、萌え系だけど、このアニメは面白いよ!、といって薦めてくれたのが『撲殺天使ドクロちゃん』だった。

 観て驚いた。一見、他の萌えアニメと同じようなキャラクター造形でそんな感じのストーリーなのかなと思ったが、全然違った。エロい。グロい。そして、面白かった。

   [あらすじ]
   普通の中学2年生である草壁桜の机の引き出しから
   突然現れた天使・ドクロちゃん。桜を想うがあまり
   魔法のアイテム「エスカリボルグ」で撲殺してしまい、
   その度に謎の擬音(魔法?)「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪」
   によって復活させる愛と涙の血みどろ物語。(wikipediaより)

 上のあらすじにあるように、主人公の桜くんがドクロちゃんに度あるごとにエスカリボルグで撲殺されてしまうのだが、その描写がなかなかエグイ。頭の上半分がぶっ飛んで、血が噴出するのは当たり前で、脳みそがはみ出たり、肉片が飛び散る描写まである。こんな描写を見せられたら、普通は嫌悪感や不快感を抱くものだけど、平坦なデフォルメがされてるアニメ絵でギャグの延長線上で見せられるせいか、ギリギリ(本当にギリギリ)そのような感慨を抱かせないようになっている。グロの緩和剤としてエロが撲殺シーンの前に挿入されている場合が多いのも効果ありで、むしろギャグのテンポの良さとネタの秀逸さで笑えてクセになってくる。エロについては、『ドクロちゃん』よりも過激な萌え系アニメは当時と比べて今ではかなり増えたと思うけど、グロについてここまで追求しているアニメは他にないだろう。しかも、ギャグアニメとしてもちゃんと成立している傑作だ。
 このアニメを観てから、私は萌え系のアニメだからといって変な先入観を持つことをやめにした。




テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

English Here
  1. 2010/04/11(日) 05:07:12|
  2. anime
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:紫の豚

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

UNIQLO CALENDER

ブログ内検索

最近のコメント

FC2カウンター

google ad

カスタム検索

ad

blog ranking

人気ブログランキングへ

book log

twitter

RSSフィード

book list

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。