○戯論遊戯○

無知蒙昧な人間が記す、ブログ。日々勉強。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
English Here
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■児童文学のススメ 「宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展」


  会場:西武池袋本店7階(南)=催事場(東京都)
  会期:2010年8月4日(水)~8月8日(日)

 岩波少年文庫創刊60周年と『借りぐらしのアリエッティ』公開を記念して、宮崎駿が選んだ少年文学50作品への直筆推薦文の展示が池袋でおこなわれるときいて、早速いってきました。
 展示は、宮崎が選んだ岩波少年文庫の作品への推薦文の拡大パネルを順に50枚みていくというもので、直筆の紙を拡大したパネルの横には監督の字が読みにくくても大丈夫なように、ちゃんとコンピュータで入力した書体が整った同じ文章のパネルが置いてありました。監督の推薦文には推敲のあとが残っていて、これが直筆であることの醍醐味だと思います。拡大されていない監督直筆のもとの紙もガラスケースに展示されていました。他に、宮崎駿のインタビューのパネルがあったり、この展示の隣りで小規模ながらも『アリエッティ』の設定資料の展示もやっていますので、会期は短いのですが関東住まいでジブリ好きの人は足を運んでみてはいかがでしょうか。




 ちなみに私がこの展示に来た一番の目的は、上の「ミニ本」です。展示の会場内で、岩波書店の本を買うか、ジブリショップの商品を税込1,050円以上購入すると上のミニ本が手に入ります。上の画像をみればわかるとおり、私は監督推薦の本を一冊買いました。
 ミニ本の内容は、宮崎駿の50作品への推薦文が全部載っているのはもちろんのこと、宮崎駿のインタビューも掲載されていて、直筆推薦文の展示のまとめになっています。はっきり言って、このミニ本があれば展示をみなくても・・・と思ってしまうところですが、ミニ本の方に掲載されているのは書体の整った紹介文がほとんどで、直筆文は一部しか見れないので、真の宮崎駿マニアは展示を見に行くべきでしょう。まあ、どっちにしても会場に行かなければ、手に入らないのですから、ヤフーオークションを利用して手に入れようとする人以外には関係ないことですね。
 ミニ本は、毎日先着500名限定ですので、早めに出かけることをオススメします。直筆推薦文展は東京の他に、今のところ兵庫、北海道、愛知、鹿児島と巡回する予定みたいです。詳しくは公式ホームページをご覧下さい。

会場の様子“スタジオジブリ広報部長・西岡純一のアリエッティ日記”より

YouTube - 「宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展」会場から #222

 ここから先は、地域的にまたは時間的に展示に行けない人のために、今回の展示のエッセンスをお伝えしたいと思います。
 まずは、宮崎駿が選んだ50冊は次のとおりでした。
 
   選・宮崎駿 岩波少年文庫の50冊
  (順番は宮崎駿が岩波少年文庫の全刊行タイトルから選び、
   読んでいった順のようです)

星の王子さま」          「チポリーノの冒険
バラとゆびわ」          「ムギと王さま
三銃士」              「秘密の花園
ニーベルンゲンの宝」      「ふしぎの国のアリス
シャーロック・ホウムズの冒険」「小さい牛追い
せむしの小馬」          「ファーブルの昆虫記
日本霊異記」           「イワンのばか
第九軍団のワシ」        「クマのプーさん
「風の王子たち」          「思い出のマーニー
長い冬」              「たのしい川べ
とぶ船」              「フランバーズ屋敷の人びと1
真夜中のパーティー」     「トム・ソーヤーの冒険
注文の多い料理店」      「ハイジ
海底二万里」          「床下の小人たち
長い長いお医者さんの話」  「ツバメ号とアマゾン号
飛ぶ教室」            「ロビンソン・クルーソー
宝島」               「森は生きている
みどりのゆび」         「ネギをうえた人
聊斎志異」            「ドリトル先生航海記
西遊記」             「小公子
クローディアの秘密」     「やかまし村の子どもたち
ホビットの冒険」        「影との戦い ゲド戦記1
まぼろしの白馬」        「ぼくらはわんぱく5人組
「ジェーン・アダムスの生涯」  「キュリー夫人
オタバリの少年探偵たち」   「ハンス・ブリンカー

 さすがに50冊分全部の宮崎駿の紹介文を掲載するわけにはいきませんから、この50冊の中から私が読んだことがある作品もしくは、宮崎駿のコメントで興味深かったものを4冊分ほど抜粋して引用します。


 ローズマリ・サトクリフ「第九軍団のワシ
 ***********************************************
   「歴史小説の傑作です。この物語を日本の古代の東北地方に
   移して、壮大なアニメーション映画を作れないものかと何度か
   試みました。人の姿のない古江戸湾の風景を想像したりして
   ワクワクしたりしましたが、まだ実現していません。
    とても好きな小説です。」
 ***********************************************
 軍事オタクとしても有名な宮崎駿監督。
その監督が選んだ本の中に、私はその趣味の薫りをこの「第九軍団のワシ」というタイトルから嗅ぎつけました。展示に来る前からこの本を買おうと決めてました。読むのが楽しみです。


 ヨハンナ・シュピリ「ハイジ
 ***********************************************
   「ぼくらがまだ若くて、たぶんあなたが生まれるずっと前に、
   ぼくらはこの本を原作にして、52本のテレビアニメを作りま
   した。ぼくらの先頭にいたのは、ひとりの若い演出家でした。
   もちろん今はおじいさんになっていますが、その人が有名な
   わりにあまり読まれなくなっていた原作に新しい生命を吹きこ
   んだのです。
    アニメより原作を本で読んだ方がいいという人がいます。
   ぼくも半分位そう思っていますが、この作品はちがうと思って
   います。見、読みくらべてみて下さい。ぼくらはいい仕事をした
   と、今でも誇りに思っています。」
 ***********************************************
 「若い演出家」とは、当時の高畑勲のことでしょう。
ジブリ美術館で宮崎駿が陣頭に立って、『ハイジ』展をおこなったことがあることからも、宮崎駿にとって『ハイジ』は特に思い入れのある作品なのがわかります。


 J.R.R. トールキン「ホビットの冒険 上・下」
 ***********************************************
   「イギリスのファンタジーの傑作。
    旅と冒険、財宝と魔法、勇気と戦いの書です。
   ところが、今ではなんだか色あせて感じられます。
    この本をヒントに、あまりにすごい数のロール
   プレイングゲームが作られ、魔物を一匹、二匹と
   やっつけて数えたりしすぎたのでしょう。それに
   もっと刺激的で細工をこらしたファンタジーが大量
   生産され、消費されたからだと思います。
   この本は喰い尽くされてしまったのです。」
 ***********************************************
 好きだからこそ苦言をいいたくなるのでしょうか。
私は岩波少年文庫ではなく、こっちの方で読んだことがあります。「ホビットの冒険」は「指輪物語」(映画『ロード・オブ・ザ・リング』の原作)の前日譚にあたる作品です。現在ハリウッドで「ホビットの冒険」の映画化も検討されているので、その予習としてもオススメです。「指輪物語」より、子供向けで短いので、読みやすい作品だと思います。


 アーシュラ・K. ル=グウィン「影との戦い ゲド戦記1
 ***********************************************
   「この物語ほど竜を見事に描いた本はありません。
   人間よりはるかに古いいきもの。壮大で邪悪で、
   気高い長虫。鋼のウロコにおおわれた身体の中では
   炎がもえています。
    この竜を形にすることがいまでもできません。
   ありきたりのコーモリの翼をもったトカゲにしたくない
   のです。かといって、日本や中国の竜ともちがいます。
   竜がこの物語の世界をとても奥深くしているのです。」
 ***********************************************
 宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』を観る前に、私は原作の1~3巻を読みました。魔法に関しての考え方が新鮮でした。
 宮崎駿のコメントから、息子の映画に対する批判が暗に感じられます。


 ここまでは、岩波少年文庫のみを扱った直筆推薦文展についてお伝えしてきましたが、実は、宮崎駿が表紙や解説まで手がけた児童文学の本が存在します。それは、ロバート・ウェストールの「ブラッカムの爆撃機」です。


 ロバート・ウェストール「ブラッカムの爆撃機

 絶版状態にあったロバート・ウェストールの『ブラッカムの爆撃機』を復刊させるために、宮崎駿本人が企画を立て、解説イラスト(マンガ)を描き、作中の爆撃機の実物とウェストールの港町を見るためにロケハンまで敢行した宮崎駿の思い入れがつまった本です。ロケハンしただけあって、作中に出てくる爆撃機の全体像・内部構造まで細かく宮崎駿のマンガでは描かれていて、読書のための最良の手引きとなっています。その他にも解説マンガで、宮崎駿の戦争体験が語られたり、ウェストールと宮崎駿との仮想対談が描かれたりと読み所が多く、一冊の児童文学書の解説としては豪華すぎる内容だと私は思います。
 ロバート・ウェストールについてはスタジオジブリの機関紙「熱風」でも取り上げられたことがありました。

 児童文学以外で、宮崎駿が表紙などで関わった例には次のようなのがあります。


 サン=テグジュペリ「人間の土地

 岩波少年文庫の50冊の内の一冊に入っている「星の王子さま」の作者サン=テグジュペリの著書。表紙だけでなく、解説文も宮崎駿が書いています。


 ジェイムズ・H. シュミッツ「惑星カレスの魔女

 SF小説です。私は未読・未購入のため、なんで宮崎駿がこの小説の表紙を描いたのかよく知りません。宮崎駿好みの小説なのでしょうか。


 最後にこの記事の締めとして、宮崎駿のインタビューでの言葉を引用して終わりましょう。「これはわざわざ紹介しなくても、もう十分紹介されているから、僕がややこしい思いをしながら紹介する必要はないなと思った本は、いい作品だと思っても載せなかったりしました」というように、岩波少年文庫の50冊に入らなかった本の中にもいい作品は多くあるそうです。

      

 関連当blog記事
スタジオジブリの好奇心 小冊子『熱風』2010年6号 特集「赤毛のアン」
借りぐらしのアリエッティ 前売券特典「アリエッティ ミニ本 1」
ジブリ作・豪華版「まんが日本昔ばなし」 ジブリ美術館短編映画『ちゅうずもう』
感想 高畑勲『一枚の絵から 日本編』
感想 高畑勲『一枚の絵から 海外編』

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

English Here
  1. 2010/08/05(木) 22:10:34|
  2. book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:紫の豚

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

UNIQLO CALENDER

ブログ内検索

最近のコメント

FC2カウンター

google ad

カスタム検索

ad

blog ranking

人気ブログランキングへ

book log

twitter

RSSフィード

book list

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。