○戯論遊戯○

無知蒙昧な人間が記す、ブログ。日々勉強。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
English Here
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■人体小宇宙への冒険 『学習まんが・人間のからだシリーズ① 食べ物のゆくえ 消化と吸収』


学習まんが・人間のからだシリーズ① 食べ物のゆくえ 消化と吸収
監修・指導/中野昭一 漫画/井上大助

 1985年~1986年に出版され、現在では絶版になっている学習まんが「人間のからだシリーズ」(全8巻)の第1巻『食べ物のゆくえ 消化と吸収』。シリーズ全体にもいえることであるけれど、欄外に豆知識が書いてあったり、合間に身体の機能を説明する図解が入っていたり、巻末には本編の補足事項が記載されていたりと、きっちり学習まんがとしての体裁が取られているが、なにより漫画としてとても面白い。

 好奇心旺盛な宇宙人ピポパ、面白いことが好きな少年ロップ、可愛くて頭もいいアヤ、メガネっ娘のサッチン、天才科学者で解説役でもある神田博士、その博士がつくったロボットのチョンボ8世。どれも魅力的なキャラクターでとても生き生きしている(第1巻では出番が少ない乱暴者だが気の優しいボテボテもいいキャラクターだ)。「学習まんが」の響きから想像する品行方正であるが人格が漂白されているような人物たちではない。

 神田博士が発明した目覚まし時計型のタイムマシン・タイミーくんと地球人の身体を調べる目的でピポパが乗ってきた拡大縮小自在な宇宙船ポシェット号を利用して、30年前の若くて健康な神田博士の身体のなかに口から入っていく。歯に挟まれた衝撃で故障したポシェット号から降りて、生身で体のなかを探検しに行くことなるのだが、胃酸など危険なものから身を守るため、ピポパの万能銃から放出した透明な薄い膜(ガード・スール)を着けるという描写をページを割いて丁寧にしているので、大人も納得できるし、子どもは「これで安心だ」と読み進めていくことができる。登場する様々なメカニックのアイディアやデザインも愉快で楽しい。



 通ってきた食道から落ちて、胃の入り口である噴門を見上げるピポパたち。これは顕著な例であるが、とてもリアルな描写で恐怖すら感じる。類書である『学習まんが ドラえもんからだシリーズ① 食べ物の消化』のデフォルメされたツルツルてんとした体内の描き方とはまるで印象が異なる。咀嚼された食べ物もマンガチックにして誤魔化さずに、ちゃんとそれっぽく見せている。「正確に描くために、数多くの医学資料に取り組んだ」と漫画家・井上大助氏の紹介欄にあるので、その成果かもしれない。

 生身の肉体で探検するのがとてもいい。同じく類書である『ドラえもん・ふしぎ探検シリーズ⑥ からだ大探検』ではカプセルに乗って体内を探検していたが、それでは中に居ながらどこか外から眺めているような感覚が拭えない。ポシェット号の故障で前もってその可能性を潰しておいて、自分の足で体内をあちこち探検するという状況をつくり出しているのも、この漫画の上手いところである。こちらの方がより、対象読者である少年少女たちが体内の冒険にドキドキワクワクするし、キャラクターたちを通して仮想体験の実感が強いものになって、よく記憶に刻まれると思う。



 十二指腸で、膵液と胆汁が混じった液体を浴びてしまうロップ。ウンコ色・汚い色と周りに揶揄されるが、胆汁に含まれている壊れた赤血球由来の色素が実際ウンコの色になるんだと神田博士に明かされ、衝撃を受けるロップのシーン。子どもにもわかりやすいようにフルカラーで解説。実はこれには伏線があって、ポシェット号で冒険をする日の朝、ロップがトイレで大便をしているところをピポパに覗き見される。そのときにピポパが見た、まさしくロップのウンコそのものもフルカラーで描かれる。これをピポパは憶えていて、「いやあねえ。ロップったら、今朝見たうんこと、同じ色になっているわよ」とピポパは笑う。両シーンともに貴重なカラーページを使用することで、モノクロの絵や文字だけの説明の何倍も強く印象づくし、その結果、知識の吸収を助けることにもなる。

 食べ物が口から入って、消化・吸収され、そして残りかすが肛門から出る。小腸の絨毛から毛細血管に入って肝臓まで寄り道したのを除けば、ピポパ一行もだいたいそのような行程を垣間見ながら辿って、冒険を終える。最初から最後まで物語に筋が通っているため、間に解説や図解が挟まれても、ストーリーがあっちこっちと細分化されることはないし、(身長の5倍くらいの長さがある)小腸を歩いて疲弊するピポパたちの表情だったり、血管のなかで見つけた赤血球で遊ぶ彼らが本当に楽しそうに思えるぐらいに、キャラクターの感情表現が豊かなので、興味が持続して飽きない。だから、何度も繰り返しまた彼らと一緒に冒険に出てみようかと思わせるのだ。



 同シリーズ別の巻のページだが、お色気シーンもある。たびたびアヤちゃんがその役目を負うことになるのだけれど、その俗っぽいところも含めて、漫画としての魅力になっている。続巻で描かれる、心臓に突入する張りつめた息をのむ一瞬、背が縮んだと勘違いして嘆き泣くサッチン、チョンボ8世の美味しそうな料理、生命の連なりに想いを馳せ感動するロップ、など紹介したい見所は沢山あるが挙げていくとキリがないので、どこかでこのシリーズの本を見つけたら、とにかく各自、手に取って読んでみてほしい。大人が読んでも面白く、そしてためになる漫画であると思う。



テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

English Here
  1. 2015/04/19(日) 20:51:12|
  2. manga
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■ピクサースタッフの遊び心 同人トランプ『54 Intercontinental Cuties』 | ホーム | ■ナウシカとガルムとファンタジー 押井守監督『GARM WARS The Last Druid』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://purplepig.blog28.fc2.com/tb.php/30-b88c197b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

紫の豚

Author:紫の豚

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

book list

FC2カウンター

最近のコメント

ブログ内検索

google ad

カスタム検索

ad

blog ranking

人気ブログランキングへ

book log

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。